【我が子に伝えてきたこと②】持ち家、車、人生ゲーム

昨日からスタートした我が子に伝えてきたことシリーズ、原稿を書き始めたら出るわ出るわ。
あらためて「いろいろとやらかして来たなー」と思います 😅😅😅

2回目の今日は、以下の内容でお届けします。
今回も我が子に話すときの口調で書いていきます。

持ち家はいらない

住宅ローンを組んで持ち家を買うのはやめよう。借家が断然お気楽です

父がいくらで中古の賃貸用住宅を買っているか知っているよね。土地付きの戸建で300万円以下です。これらの住宅の新築時の価格は、3,000~5,000万円だったことでしょう。でも築30年ともなるとボロボロで、資産価値も驚くほど低くなってしまうのが現実です。

「夢のマイホームを手に入れましょう。35年ローンを払い終わったら資産として残ります」とセールスマンは言いますが、頑張って住宅ローンを返したあとの資産価値は300万円以下。しかもボロ。
セールスマンは口が裂けても、そんな現実は教えてくれません。

家は迷わず借家にしよう!

5~10年で新築の借家に住みかえていけば、常に最新設備でピカピカの家に住むことができます。
メンテナンス費用も火災保険も不要。大家がすべて払ってくれます。

間違って家を傷つけちゃったとしても借家人保険が使えるので、借主の修理代負担はゼロ。
転勤になったら引っ越しすればいいし、お隣に変人が引っ越して来たら、自分が住みかえればいい。
おまけに会社が家賃補助までしてくれるのだから、こんなにオイシイ話はないよね。

そんなことをまったく知らなかった父は、「持ち家を建ててこそ一人前」という、思いっきり昭和な考えが刷り込まれていたので、4,000万円もの住宅ローンを組んで建売住宅を買いました。
幸いなことに借金を完済して、2棟目を建てることができたので良かったけど、もしそれが実現していなかったら、ずぅ~っとボロボロの家に住まなきゃならないところでした。

もし持ち家を建てるなら、FIREしたあとにしましょう。50歳頃が良いと思うよ。お金も十分に貯まっているだろうし、80歳まで30年ローンが組めるから。通勤を考慮する必要もないので、自分好みの終の棲家を、好きな場所に建てたらいい。

車は借りるべき

車は金食い虫。資産運用の敵。断然借りるべきです

今は時間単位でカーシェアできる時代だし、予約もスマホでササッとできるから超便利。レンタカー屋さんの営業時間帯しか貸し借りできなかった時代に比べると、雲泥の差だよね。今の時代は自宅に車がなくても何とかなるんじゃないかな? イザとなればタクシーを使えば良いのだから。

駐車場無しの借家は賃料も安いよ。カーシェアだと洗車が不要なのも、地味に大きなメリットだと思う。

3度のメシより車が好きという人でなければ、所有する意味はまったくありません。キッパリ!

人生ゲームを思い出して!

子どものころ、毎日のようにやっていた人生ゲームを覚えてる?

最後に勝つために一番有効な手段は何だっけ?
株式投資だったよね。運悪く暴落するときもあったけど、最後まで持っていると必ず高く売れたよね。

生命保険はどうだった?
掛け金が高い割に、あまり儲からなかったでしょ。

家や車を買うと、お金がなくなって大変だったよね。
人生ゲームにあったことは、すべてリアル社会で起こることだから、よ~く覚えておいて!

我が家ではTVゲームは原則禁止としていました(週末に2時間だけOK)。
そのかわり、家族みんなで楽しむボードゲームはよくやりました。

人生ゲームもいいけど、モノポリーも良いですよね。
昔に戻れるなら、キャッシュフロー101を家族で楽しむだろうなー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました