【不動産投資】凡人がお宝戸建をゲットする方法(前編)

ここのところ銀行融資が厳しくなったせいでしょうか、築古戸建を購入してリフォーム後に賃貸する、いわゆる築古戸建ブームが起きているようです。

私の実感としては、数年前に200万円で買えた戸建が300万円になり、300万円で買えていた戸建が400万円出さないと買えなくなってしまったように感じています。新規参入者が増えているのだから、当然の市場原理ですね。

一般市場に出る前の物件を紹介してもらえるような、特殊な人脈を築くことができている人なら問題ないのでしょうが、残念ながら私のような凡人にはそんな人脈はありません。

今回はそんな平凡な私がお宝戸建をゲットしてきた、とってもシンプルな方法をお伝えします。

凡人がお宝戸建をゲットする方法

ひとことで言うと、気合いです!

それを言っちゃ身も蓋もないと思われるかもしれません。が、過去5年間で12戸の戸建を購入してきた自分を振り返ると、特別な人脈や技を使ったわけではなく、気合いだけで勝負してきたような気がします💦

今年6月に取得した戸建もそうでした。
以下、この戸建を取得するまでに、どんなことを行ってきたか、振り返ってみようと思います。

ポータルサイトやレインズでめぼしい物件を探す

ポータルサイトを毎日チェックしましょう。お宝物件に出会うことは極めて稀なのですが、ある日突然、目の前にあらわれます。

お勧めはニフティ不動産です。アットホームやスーモなどの複数のポータルサイトから情報を引っ張ってきて一括表示してくれるので、各サイトを見てまわる必要がありません。

不動産・住宅情報をまとめて検索【ニフティ不動産】
不動産物件約1000万件を掲載!大手不動産サイトの賃貸物件(賃貸マンション・アパート・一戸建て)、購入物件(新築マンション・中古マンション・新築一戸建て・中古一戸建て・土地)をまとめて検索。お探しの不動産物件がきっと見つかります。

またレインズを見られるなら、それに越したことはありません。元付け情報を得られる可能性が高いからです。レインズを見ることができないなら不動産ジャパンを見るようにしましょう。レインズに近い情報が掲載されます。

安心・安全な不動産取引をサポートする総合情報サイト 【不動産ジャパン】
不動産ジャパンは物件選びからトラブル対応まで、安心・安全な不動産取引をサポートする総合情報サイトです。

スピード勝負! 電話に限る!

「これはお宝かも!」という物件を見つけたら、即電話するに限ります。
メールなんか使っていたのでは、競争相手に勝てません。自分がメールの送信ボタンを押すころには、情報を掲載した仲介業者さんのメールボックスは、とっくに満杯になっているはずです。

不動産業界は昭和チックなアナログの世界が色濃く残っています。また、人はメールよりも電話を優先するものです。迷わず電話しましょう!

ここで「電話は緊張するし、気恥ずかしいからメールにしておこう」と思う人は、決してお宝物件をゲットすることはできません。断言します。

物件情報を目で追いながら、手では電話番号を入力している・・・これくらいのスピード感が必要です。

また、仲介さんに確認する項目を一覧にしておくと便利です。電話でのヒアリングに漏れのないように、質問リストをあらかじめ作っておきましょう。

速攻で現地に駆けつける

仲介さんに連絡が取れ、内見が可能とわかったなら、即刻現地に向かいましょう。会社に出勤している場合ではありません (笑)

お宝物件には内見の予約がいっぱい入るので、最初の内見者が来る日時を聞き出し、少々強引でもその前に内見させてもらいましょう。

相手が少々渋っても、ひるまずに熱意をもって交渉してみることです。もちろん丁寧に、あくまで下手に。コミュニケーション能力を最大限に発揮する瞬間です。そして現地に駆けつけるのです。

今回取得した物件を見つけたのは、夜9時頃でした。不動産投資のお仲間が「こんな物件が出ているよ」と教えてくれたのです。その直後に仲介業者さんに電話しましたが、つながりませんでした。夜10時になろうとしていましたから、当たり前ですね。

仕方がないので、アポイントメントが無い状態で、5時12分の始発電車に乗り、仲介業者さんのオフィスに向かいました。現地に着いたのは午前9時。その後、オフィスの前でスタッフが出社するのを待っていました。

長くなりそうなので、今回はここまでにしますね。
次回は以下の内容でお届けします。

●買付証明書を持参する
●仲介業者の負担を最小限にする
●実録:お宝戸建をゲットするまでの経緯

ポイント

凡人がお宝戸建をゲットする方法(前編)
●ポータルサイトやレインズでめぼしい物件を探す
●スピード勝負! 電話に限る!
●速攻で現地に駆けつける


朝8時にお宝戸建を見つけたことがあります。9時少し前から仲介さんに電話をかけ続けました。電話をとってくれたのは、9時15分頃です。
仲介さんいわく「朝一番で電話くれた人が、今日の午後1時に内覧する予定です」とのこと。私は「12時に現地に行くので、先に内覧させてください!」と丁寧にお願いしました。
その後、高速道路をブッ飛ばして、12時ちょうどに現地に到着。期待どおりのお宝物件だったので、すぐに買付証明書を出させてもらって、無事にゲットすることができました。先に電話された方、ごめんなさい💦

夜10時頃に新潟の物件情報を見つけたこともあります。お宝物件であることを直感したので即電話したのですが、当然ながら仲介さんは出ません。
新幹線の運転も終了していたので、0時30分発の夜行バスで現地に向かいました。文字どおり、一か八かの突撃です。

で、その結果はどうだったのか?
私より早く自家用車で現地に駆けつけた人がいて、このお宝物件はその人の手に落ちました。自分の車を夜通し運転することをためらった私の負けです😅

コメント

タイトルとURLをコピーしました