【不動産投資】コスパの良いリフォーム(和室編)

大家の視点からすると「和室は洋室に変えてしまった方が良い」という意見があります。
たしかに洋室の方が入居者の使い勝手が良いかもしれません。畳がないので表替えのコストもかからないです。

ですが、和室を洋室に変えるための工事は10~20万円くらいかかります。大家としては悩みどころですよね。

一方、ここ数年は和モダンがはやっています。古くさい和室であっても、ちょっとした工夫で「案外いいじゃん!」というお部屋に変身させることができます。

コスパの良いリフォーム(和室編)

6畳の和室を洋室化することを想定してみましょう。その費用は先のとおり10~20万円くらいです。子ども部屋などのように、洋室の方が使いやすいケースも多々あるので、やるべきかやらざるべきかは、ケースバイケースでの総合判断となります。

ですが、和室のままで、あまりお金をかけずにリフォームする方法もあることは頭に入れておきましょう。比較検討の材料になるので。

以下に、私が実践しているコスパの良い和室リフォームについてご紹介しますね。

襖に壁紙を貼る

古い和室にはたいてい襖があって、襖紙が貼ってあります。この薄汚れていたり破れた襖紙が、古くささの元凶です。逆に言うと、襖を少し工夫するだけで、見違えるほど変身することが多いものです。

私はいつも襖に壁紙を貼っています。その理由は以下のとおりです。
● 壁紙の種類はとても豊富で、和モダンを演出しやすい
● ネットで「のり付き壁紙」をとても安価に入手できる
● 既存の襖に壁紙を重ねて貼るだけなので、素人の私にも簡単にできる
● 襖の横幅は90㎝以下なので、壁紙の柄合わせをしなくてOK


ここで私の実例ビフォーアフターをご紹介しましょう。

こんな柄を使ったこともあります。

和室の壁の色は、白かグリーン系の無地が多いので、襖部分を思い切った柄にするとちょうど良いアクセントになります。

のり付き壁紙(90cm幅)は、楽天などで1mあたり500円程度で売られています。襖の高さは180cmくらいですから、2m=1000円で襖1枚分となります。業者さんにお願いすると、1枚あたり材料費込みで3000円程度で貼ってくれます。

どうです? かなりコスパの良い投資だと思いませんか?
壁紙メーカーのカタログを見ながら「どんな柄にしよっかなー♪」と考えるのも楽しいし、できあがりが自分の意図したとおりだと、その喜びもひとしおですよ。

【のり付き壁紙】リリカラライト [Lotta Kuhlhorn / ロッタ・キュールホルン] LL-5557 2019-2022 | 生のり付き壁紙の通販 | DIYショップRESTA
DIYに最適!RESTAオリジナル生のり付き壁紙 10m以上で送料無料! 【のり付き壁紙】リリカラライト LL-5557 2019-2022の商品ページです。 DIYショップRESTAは魅力的な商品を多数取り揃える通販サイトです。はじめてでもできるDIYレクチャー動画とお求めやすい価格で、お客様の自分らしい暮らしを応...
壁紙|デジタルカタログ|サンゲツ
ビニル壁紙、不燃認定壁紙、粘着剤付化粧フィルム、ガラスフィルムなど各種壁装材を取り揃えています。住宅をはじめ商業施設や医療・福祉など各種施設でもお使いいただける豊富なカラー、デザイン、機能を備えたラインアップです。

たいていの場合、問題なく貼れるのですが、元々の襖紙の状態によっては難しかったり、貼ったあとに浮いてきてしまったりすることもあるようです。
この辺のノウハウについてはYouTubeにたくさん上がっているので、ケースバイケースで対処しましょう。
私も都度YouTubeやブロガー情報を確認しながらやっています😊

襖の引手を和モダンなものに交換する

古い襖は引手も汚れているものです。
襖に壁紙を貼るときは、この引手を一旦取り外すことになるので、せっかくの機会だから新品に交換しちゃいましょう。

お勧めはこのシルバーの引手。部屋全体が引き締まってかっこいいですよ。1個330円(税込)なので、これまたコスパの良いリフォームだと思います。

引手のサイズはいろいろあるので、もともと付いているものと同じ大きさのものを発注しましょう。業者さんに襖の作業を依頼するときは、現場に新しい引手を置いておけば取り付けてくれます。

https://item.rakuten.co.jp/wasien/hikitestainless/?scid=me_ich_conf_order_03&_mpt=101&_mpe=236028-20210625-00018731

壁は白系の壁紙または塗装

和室の壁は、クロスか砂壁であることが多いようです。
多くの場合クリーニングできれいになるので、襖の色柄を壁に合わせてあげれば大丈夫。

でも酷く汚れていたり痛んでいる場合は、壁を白系の壁紙に貼り替えたり、白くペイントしてしまいます。襖にデザイン性の高い柄を選んでいるので、壁はおとなしい色合いが落ち着きます。

白系の壁紙は、柄物より安価なもの(標準クロス)がたくさんあります。
のり付き壁紙で1m 300円程度です。業者さんに頼んだ場合は、材料費込みで1㎡ 800円程度で工事してくれます。

木部を黒く塗ると引き締まる

襖に柄物を選んで、壁を白系にした場合、木部を黒く塗装すると「和モダン度」が一層高くなります。
もちろん、木部がきれいなときは、やらなくてもOKです。

障子紙を張り替える

写真のようにビリビリの障子はもちろんですが、破れていなくても、黄ばんだ障子や、一部がはがれている障子は貼り替えましょう。

障子紙は10mで1000円くらいからあります。のりは100均で売っているものが、意外と使いやすかったりします。業者さんに頼むと1枚2000円くらいします。とっても簡単なので、自分で貼り替えた方が安上がりです。

畳表の交換は入居者が決まってから

畳表を交換する場合は入居申し込みが入ってから手配しましょう。入居日の直前に納品されるようにすることをお勧めします。その理由はカビが生えてしまうからです。特に湿気の多い時期は要注意です。部屋の空気の入れ替えを行わずに2週間も放置しておくと、畳がカビだらけになります。私もカビどころか、キノコみたいなのまで生えてきてしまって、思いっきり引いたことがあります。

入居者によっては、退去時に畳表の交換費用を負担したくないので、「畳表の交換は不要です」とおっしゃる方もいます。この点からも、畳表の交換はギリギリまで待ってからにした方が良いです。

ところで琉球畳ってご存知ですか?
普通の畳と違って、一枚一枚が正方形です。これを敷くととってもオシャレなのですが、かなりのコスト高なので、私は一度も採用したことがありません。

ステージングで引き立てる

一連のリフォームが終了したら、ステージングを行いましょう。
ステージングは内見してくれたお客様の第一印象を良くするために行うものです。お金をかければキリがないのですが、私はIKEAやダイソーで手に入る安価な小物を使いまわしています。

買ってきて置くだけ。多くの入居者が「いい感じなので譲ってくれませんか?」と聞いてきます。もちろん差し上げています。なにせ数千円ですからね😆

まとめ

「賃貸住宅の和室は洋室に変更した方が良い」という意見を多く耳にします。ですが、あえて多額の費用をかけずとも、和モダン風にすれば十分なのでは・・・と思います。

その理由は3つです。
●低コストで簡単に実現できる
●壁紙のデザインなどを楽しみながらリフォームできる
●うまく行ってお客様に喜んでいただけるのがうれしい


和室の低コストリフォームのコツは以下のとおりです。楽しみながらやりましょう!

ポイント

● 襖に壁紙を貼る
● 襖の引手を和モダンなものに交換する
● 壁は白系の壁紙または塗装
● 木部を黒く塗ると引き締まる
● 障子紙を張り替える
● 畳表の交換は入居者が決まってから
● ステージングで引き立てる


コメント

タイトルとURLをコピーしました