【不動産投資】ボッタクリ業者にご用心(浄化槽ブロワー編)

以前「なんでも新品に交換しましょう!」と提案してくるリフォーム業者さんについて記事を書きました。今回は1万円台で済むものを、9万円で売ろうとする業者さんの話です。

不動産投資は副業ではなくて事業です。知識と経験を積み上げて、しっかり経営していきましょうね!

浄化槽のブロワーから異音

ブロワーは浄化槽が汚水処理をするために欠かせない装置で、浄化槽内へ空気を送る役割を果たします。これにより水の流れを作ったり、浄化槽内にいる微生物へ空気を供給して活性化させたりします。浄化槽が汚水処理をするために欠かせない装置がブロワーです。
魚の水槽に空気を送るエアーポンプみたいなもの、とイメージすると分かりやすいかもしれませんね。

先日、ある戸建貸家でブロワーから異音が出るようになりました。長い間交換していなかったので、寿命が来たのだと思います。

この戸建は私の家から150㎞くらい離れたところにあるので、とりあえず業者さんから見積もりを取ってみて、3万円程度であれば業者さんに委託しようと考えました。

驚愕の見積り9万円!

見積書はすぐに届きました。
んが~、、、その金額を見て頭がクラクラしてしまいました😫
以下がその見積り内容です。これを見て皆さんはどう思われます?

ブロワー本体 64,800 円
交換作業代8,000 円
処分費2,000 円
諸経費7,200 円
消費税8,200 円
合計90,200 円

他の戸建のブロワー交換は16,000円だった

実は以前、他の所有物件のブロワーを交換したことがあります。その時はブロワーの風量が少ないタイプ(30L)だったので、業者さんに交換してもらっても16,000円で済みました。

今回の物件はブロワーのサイズが80Lなので、その分だけ金額は高くなるのですが、それにしても9万円とは・・・どう考えてもボッタクリ価格です🤣

楽天スーパーセールで実質13,835円

物件が遠方なので、私自身が交換に行くには時間もお金もかかります。が、この物件には他の用事で行く予定があったので、そのついでに交換することにしました。
実際に購入したのは以下の製品です。価格は16,470円 (税込)。送料無料です。
ちょうど楽天スーパーセール期間中だったので、ポイント16倍で2,635ポイントがつきます。ということは実質13,835円で購入できたことになりますね😀

https://item.rakuten.co.jp/efrieden/10000145/?s-id=ph_pc_itemname

交換作業は5分で完了

ブロワーの交換は至って簡単です。既存のものを撤去して、新しい機器に付属しているL字管でつなぎ直すだけ。5分もかかりません。以下のテクノ高槻さんの動画が分かりやすいです。

浄化槽ブロアー(L字管)取り付け方&取り替え方【テクノ高槻】

7万円の資金流出を回避

業者見積り価格=90,200円
楽天購入価格=13,835円


その差は76,365円。往復の交通費と時間がかかるとはいえ、自分でやる価値の高い作業ですね。

何故ボッタクリ価格だと気がついたか?

9万円の見積りを見た瞬間、これはおかしいと思いました。他の戸建で交換した時に16,000円で済んでいたからです。でも今回は専門業者の見積りです。何か特殊事情があるのかも・・・とも思いました。

そこで、すぐに師匠にLINEして「9万円って高すぎですよねー?」とメッセージしました。師匠の返事は「ネットで1万円台で手に入りますよー!」とのこと。Amazon価格の写メも送ってくれました。

こういう時に気軽に師匠や友人のアドバイスが得られると心強いですよね。自信を持って前に進むことができます。

まとめ

浄化槽にとって必需品のブロワーですが、長年使っていると必ず壊れます。ネットで安価に手に入るし、交換作業はとっても簡単なので、自分でやっちゃいましょう!

業者さんに委託する場合は、
ボッタクリにはくれぐれもご用心!

ボッタクリを見抜くには、2つの手段しかありません。
① 場数を踏んで経験値を上げる
② 頼りになる師匠や友人をもつ


特に②が大切だと私は思っています。あらゆることを自分で経験するなんて無理な話ですからね。
師匠や友人に気軽に相談できるように、良好な人間関係を維持することが最も有効だと思っています。

そのために私が気をつけているのが、Give and Take
師匠や友人の役に立てることがあるなら、積極的に買って出ることを日頃から心がけています。

勝間和代さんも言っていましたね。
「ギブの5乗」すなわち「ギブギブギブギブギブ」をすること。これが一番大事!

コメント

タイトルとURLをコピーしました