【我が子に伝えてきたこと 31】スタバをやめれば2400万円!

毎朝スタバに立ち寄って、コーヒー片手に颯爽とオフィスに向かう・・・
映画のひとコマを彷彿させるこんなシーンに、誰もが憧れることでしょう。

でもちょっと待った!
あなたは早期FIREを目指しているのですよね。だったらそのお金は毎日の積立投資に回すべきです!

40年間で440万円の無駄!

スタバのコーヒー一杯が500円としましょう。また、一年間の労働日数が220日だとすると、一年間に払うコーヒー代は、

500円 × 220日 = 110,000円

にもなります。これが40年間続いたとすると、

110,000 × 40年 = 4,400,000円

なんと440万円です!

一日500円を毎日積み立てたら、40年後には2400万円!

実は、毎朝のスタバコーヒーによる損失は440万円どころではありません。
もしこのお金を年率7%の成長が期待できる、S&P500の積立投資に回していたとしたら、いったいどうなるでしょう。

仮にスタバコーヒー代として年間110,000円かかったすると、月平均は

110,000 ÷ 12月 = 9,166円

です。この数字を楽天証券の積立かんたんシミュレーションに入力してみると、40年後には

24,059,040円

にもなってしまうのです。
(*毎日積立投資のシミュレータが見つからなかったので、月に一度の投資を前提に計算した結果です。が、月次でも日次でも、超長期の積立の結果には大きな差異はないはずです。)

つまり、

毎日一杯のスタバコーヒー = 2400万円の機会損失!

ということになるのです。

楽天証券の積立かんたんシミュレーションより

毎日の積立投資なら投資信託

一日500円を毎日積み立てるなら、投資信託の一択となるでしょう。
ETFは単位株でしか購入できません。多くのETFの単価は500円以上なので、毎日積立投資することができません。

一方、投資信託なら単位株でなくて「一日500円」というように、投資する金額の指定ができます。また自動積立をしてくれるので、一度設定してしまえば手間がまったくかかりません。

投資信託の銘柄はたくさんありますが、S&P500またはオールカントリーを選んでおけば間違いないと思います。

ちなみに私の積み立ての主力はSBIバンガードS&P500インデックスファンドです。

レバレッジ投資信託もアリかもしれない

2400万円の前提は、S&P500の年率7%を前提としていましたが、レバレッジ2倍といったハイリスクな投資信託を積み立てるのも良いかもしれません。

もともとはコーヒー代に消えてしまうはずだったお金なのです。最初から無かったものと思って、リスク度合いを高くするのも大いにアリだと思っています。そうすると2400万円という数字は一層大きなものとなるに違いありません!

実際に私はそうしています。銘柄は
iFreeレバレッジNASDAQ100(通称レバナス)
レバレッジ2倍です😊

スタバの味は自宅で再現できる!

どうしても朝のコーヒーがないとダメだ~という人は、自宅で作って会社に持って行きましょう。
スタバの味は安価なコーヒー豆や機材を使っても、簡単に再現することができます。

自分なりのいろいろなアレンジもできるので、ぜひ一度試してみてください。私は以下の道具で毎朝作っています😊

まとめ

もしあなたが毎朝スタバコーヒーを買っているのなら、今すぐそれをやめて、毎日の積立投資を開始しましょう。40年後には2400万円になります。老後2000万円問題なんて、これだけで解決しますよね。

おすすめはS&P500の投資信託です。SBI証券や楽天証券なら、毎日積立をネット上で簡単に設定できます。

どうせコーヒー代に消えていくはずだったお金なので、レバレッジ2倍の投資信託にしても良いかもしれません。2400万円どころか、その数倍に成長する可能性も十分にあります!

どうしても朝のコーヒーが欠かせない人は、自宅でスタバの味を再現して、水筒に入れて勤務先に持って行きましょう!

スタバコーヒーと書きましたが、タバコでも同じことが言えます。
今どきのタバコ代って600円もするのですね。スタバやめるより効果大😊

コメント

タイトルとURLをコピーしました