【我が子に伝えてきたこと 38】今の仕事がイヤだからFIREというのは論外

instagramやtwitterを見ていると、20~30代の若い人が「〇〇歳までに早期FIREします!」と宣言しているのをよく見かけます。明確な目標を定めて行動するということは、たいへん素晴らしいことですね。が「何ゆえ早期FIREしたいのか?」について、自分自身とよーく対話することも大切だと思います。

今の仕事がイヤだからFIREというのは考えもの

仕事をしていると、楽しいこともたくさんありますが、嫌なこともたくさんあります。時には逃げ出したくなることだってあるでしょう。私にもありました。

特に私が嫌いだったのは、
●通勤電車の殺伐とした雰囲気や、オヤジ臭いにおい
●嫌な上役
●理不尽な顧客
●自分の出世のために、媚びたり他人の足を引っ張る同僚
●働かない部下
●行きたくもない宴会や接待
●一日15時間勤務

などなど。あげだしたらキリがありません。
一刻も早くこの世界から抜け出して、南の島で悠々自適な生活をおくりたいと、何度も何度も夢見たものです。

ですが、今の職場から逃げ出すようなことだけは、したくありませんでした。
うしろ向きな気持ちで逃げ出すと、行った先でも同じ状況になることが容易に想像できたからです。

今の職場から学べることは、とことん学びつくせ!

うしろ向きな気持ちで転職や退職をすると、ロクなことがないと感覚的にわかっていたので、私はこんな風に考えていました。

●今の職場から学べることが無くなるまでは、この仕事を続けよう。
●学べることが無くなったら、新たな世界に飛び出そう。


どんな職場であれ、そこから学べることはたくさんあるはずです。良いことはもちろん、悪いことも嫌なことも、すべてが学びです。

たとえば、私が勤務していたコンピュータ会社では、以下のようなことを学ぶことができました。
先端技術、営業、経営、戦略、組織、人事、評価、会計、法務、統計、市場分析、対人能力、ビジネスマナー、プレゼン技術・・・これも書き出したらキリがありません。

一介のエンジニアにすぎない私でしたが、たった一つの会社から、これだけ多くのことを学ぶことができました。しかも現場の実体験に裏付けされた学びですから、ホンモノの学びです。これらはセミリタイアしたあとの今でも、大きな力を発揮しています。

今の仕事から逃げ出したくなる時もあるでしょう。誰もが経験することです。ですが、そこで立ち止まって冷静に考えてみましょう。

この職場から学べることは本当にもう無いのか?
学びつくしたのか?


と。

逆に「この職場から学べることは、もう何も残っていない」と思うなら、たとえ高給を支払ってくれる職場だったとしても、一刻も早く別の世界に移るべきです。

自分の時間と労力を費やすことで得られる対価は、お金だけではありません。「学び」という、お金に匹敵するくらい大きな報酬があるのです。その報酬が得られないのなら、職場を変えるべきだと思います。

才能を伸ばす機会を捨てるな!

早期FIREを目指すのは素晴らしいことだと思います。30代、40代でFIREを達成して、悠々自適な生活をおくれるなんて、最高じゃないですか!

でも、若くして早期FIREを達成できるほどの人は、きっと才能や能力も高い人でしょう。30~40代といえば世間一般では働き盛り。まだまだ伸び盛り。たった1億円を手にしたからと言って、そこでストップしてしまって良いのでしょうか。もっともっと自分の才能を生かして、伸びていく機会もあるはずです。世界の大富豪の一角に加わる可能性だってあります。

ビルゲイツも、イーロンマスクも、FIREするのに十分な環境が、早い段階で整っていたはずです。が、彼らは歩み続けることをやめなかった。その結果が今の姿です。全人類の発展に多大なる貢献をし、貧しい人々を助け、旧態依然とした社会をブチ壊していく彼らの姿は、本当にカッコイイと思います。

何が言いたいかというと、

30~40代で早期FIREするのも大いに結構だけど、自分の才能を伸ばす機会を捨てないでほしい

ということです。

何年か先、いざ早期FIREできるだけの条件が整ったら、ぜひ立ち止まってよーく考えてほしいと思います。自分の才能を本当に生かし切ったのかどうかってことを。

.

どんな仕事であれ、その職場から学べることはたくさんあるはず。なので少々嫌なことがあったとしても、頑張ってほしいと思っています。

ですが、メンタルがおかしくなるまで頑張る必要はサラサラありません。もし今の職場があなたのメンタルを破壊しようとしているなら、一刻も早く転職すべきです。

時には逃げることだって大切なのです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました